話し方教室「リーダーは状況に応じて、リーダーシップスタイルを変えることが大事」

リーダーは変化に対応する

ビジネスにおいて、変化を測る尺度、変化の価値を測る基準は不可欠である。企業・組織は変化の許容・管理・適応を高め、経営戦略、組織体制、業務管理体制など現状を望ましい状態へと改革する必要がある。

「ファースト・カンパニー」では、リーダーシップにおける変革管理(チェンジ・マネジメント)について教授する。

リーダーは、変化に対してオープンであること

コンサルティング企業であるストラティビティー・グループ最高経営責任者のライオア・アルシー氏は、変化・改革、可能性に対してオープンである姿勢が重要であると述べている。

多くは維持を好み、変化を嫌う傾向にある。しかしながら、業務・役割における既有知識・経験を取り払い、新しい物事を肯定的に受け止めることにより、事象は快の方向に変化する。

変革管理において、リーダーは、新たな役職に対して適応・順応するのではなく、変化に伴って生じる過去・現状に対する否定的評価を推測することが求められる。目標・目的や価値基準の軸に一貫性をもたせ、否定的評価により個々の成功機会を減少させず、変化・改革が脅威にならないように努める。

変化による成果を明確し、リーダーシップスタイルも変える

フォーダム大学ギャベリー・ビジネススクールのジュリタ・ハーバー教授は、変化・改革に伴う結果・成果を明確にすることが重要であると述べている。変革管理では、企業・組織の目標・目的とビジネス戦略を点ではなく、線でつなぎ、プロセスとして考える。

状況に応じて、リーダーシップスタイルを変えることが効率性を高め、変化・改革において好ましい結果を生む。

話し方教室の視点「変化対応のリーダーシップのポイント」

1.リーダーは、変化・改革、可能性に対してオープンである姿勢が重要である(ライオア・アルシー氏)。

2.リーダーは、変化・改革に伴う結果・成果を明確にすることが重要である(ジュリタ・ハーバー教授)。

3.状況に応じて、リーダーシップスタイルを変えることが効率性を高め、変化・改革において好ましい結果を生む。

多くの企業、組織、そして人々は、維持を好み、変化を嫌う傾向にあるものだ。しかし、変化なくして企業の存続はないのだ。リーダーは、変化に適応していかなければならない。状況に応じてリーダーシップ・スタイルまで変えていくこともありうる。

リーダーは他人を通じて成果を上げるのが仕事。そのためには、リーダーは他人に影響を及ぼすコミュニケーションスキルを高めることが重要だ。コミュニケーションスキルの名門・日本コミュニケーション学院東京で学ばれるのが良いだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/リーダーシップ/話し方教室ニュース・スタッフ委員会