コミュニケーションスキルの話し方教室|TEDトークから学ぶコミュニケーションの方法 - 話し方教室ニュース - 話し方教室日本コミュニケーション学院東京:話し方教室の名門
日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

コミュニケーションスキルの話し方教室|TEDトークから学ぶコミュニケーションの方法

 
TEDトークの学びを共有する
アシュリー・スタール氏は、4月30日、TEDトーク(TEDが開催しているイベント講演内容を、ネットを通じて無料配信するプロジェクト)から学んだコミュニケーション・スキルを記事にした。

 
コミュニケーションスキル/イメージ画像


記者は、TEDトークの講演から、なにかを学んだのであれば、必ず共有するべきとした。より開放的に、明快に、正直に他者とコミュニケーションすることによって、全員が良い方向に向かう。

より良い会話のための秘訣、聴衆を引き込む話法
セレステ・ヘッドリー氏は、「より良い会話のための方策」の中で、実践的なルールを紹介した。

具体的には「会話の途中で複数のことをしないこと」、「あなた自身の言葉で、明瞭かつ簡潔に話すこと」、「自由回答式の質問方法を取り入れること」などを述べた。

会話の流れに逆らわないことが重要だ。他者の話しが終わっていないのに、途中から「自分が次に話す内容」を推考するようなことはすべきでない。

ナンシー・デュアルテ氏は、優れた講演は、聴衆者の反響を得るための共通構造があるという。彼女は聴衆を引き込む話法、いかに聴衆を引き込んだまま最後の結末を締め括るかを教示した。

脆弱さを認めた時に、人々に優しくなれる
ブレン・ブラウン氏は人々と話すことに6年を費やしたあげく、「脆弱さ」が価値との闘いの中心にあるだけでなく、喜びの発祥地、創造性の源、人間の所有物であることをつきとめた。

人は脆弱さがあるからこそ、真のつながりをもつことができる。人は「弱さを認め、十分である」と感謝しているとき、自分自身や周囲の人々により優しくなれるのだ。

■参照情報・文献等/Forbes.com


まとめ/話し方教室の視点と要点:TEDに学ぶコミュニケーション・スキルのポイント

会話の途中で複数のことをしないこと、自身の言葉で、明瞭かつ簡潔に話すこと、自由回答式の質問方法を取り入れること。

②優れた講演は、聴衆者の反響を得るための共通構造がある。聴衆を引き込む、聴衆を引き込んだまま最後の結末を締め括る話法がある。

人は脆弱さがあるからこそ、つながりをもつことができる。人は「弱さを認め、十分である」と感謝するとき、自分や周囲に優しくなれる。

日本よりも、個人主義の強い国々で「コミュニケーション・スキル」の重要性がしばしば説かれているのは不思議な感じもする。

人は一人では生きていけないから、誰かと繋がりたくなる。一人では大したことはできないから、誰かに助けてもらいたくなる。コミュニケーションスキルの大事さが説かれる所以は、そこにあるのだろう。

もちろん、日本においてもコミュニケーションスキルは重要だ。これまで訓練してきていない人は、話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京で学ばれた方が良いだろう。

■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。