日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 あがり症 東京

 

プレゼンの話し方教室|スポーツ選手にプレゼンテーション術を学ぶ

 
多くの人は、人前でのスピーチ、プレゼンに苦手意識をもつ
多くは人前で話すことに苦手意識をもち、特に、内気・内向的な性格の話し手は、スピーチに対する不安、恐怖が強い傾向にある。

しかしながら、卓越したプレゼンターになる必要はない。プレゼンテーションを成功させるには全力を出し切り、自分の可能性を広げることが重要である。


Fire Up創始者のトム・マッカーシー(Tom McCarthy)氏は、「PR Daily」にて、プレゼンテーションで能力を発揮する術がスポーツ選手より学べると述べている。スポーツ選手は、極限の緊張状態のなか最高のパフォーマンスを行い、好ましい結果を出す。

 
 
身体と心の緊張をほぐす
緊張は身体と心が張り詰めた状態であり、パフォーマンスに悪影響を与える。例えば、スポーツ選手は、パフォーマンスに際して入念なストレッチ、ウォームアップを行って身体の緊張をほぐす。

プレゼンテーションにおいて、話し手が緊張状態である場合、否定的・悲観的思考になり、プレゼンテーションに対する不安・恐怖が増幅する。したがって、ストレッチ、ヨガ、散歩など身体を動かし、緊張を緩和させ、リラックスさせる必要がある。

また、身体や心の緊張をほぐすには、呼吸法が効果的である。鼻から6秒かけて息を吸い込み、2秒間止め、7秒かけて息を吐き出す。息を吐き出すことにより心身がリラックスでき、吸い込む時間より吐き出す時間を長くすることが重要である。

成功をイメージする
スポーツ選手は、自分が求める結果・成果を思い描き、緊張した心・気持ちを落ち着かせるといわれる。

それゆえ、身体がリラックスした状態にて目指すべきプレゼンテーション像を考え、成功をイメージすることは効果的である。肯定的なイメージは確信、自信を生み、結果的にプレゼンテーションの成功につながる。

特定動作により、気合いを入れる
著名な自己啓発書作家であるアンソニー・ロビンズ氏は講演・セミナー前、舞台裏にて胸を叩き、気合いを入れる。タイガー・ウッズ選手は、拳を振り上げながら「Yes」と叫び、気持ちを鼓舞する。

簡単な特定の動作は、緊張状態を緩め、気持ちを高めることができる。


■参照情報・文献等/PR Daily


まとめ/話し方教室の視点と要点:成功するプレゼンテーションのポイント

①極限の緊張状態のなか最高のパフォーマンスを行い、好ましい結果を出すスポーツ選手の振舞いは、プレゼンにも参考になる。

②スポーツ選手は、パフォーマンスに際し入念なストレッチ、ウォームアップを行って身体の緊張をほぐす。プレゼンでも、同様に身体を動かし、緊張を緩和させ、リラックスさせることは大事。

スポーツ選手は、自分が求める結果・成果をイメージする。プレゼンでも、成功をイメージすることは効果的である。

④胸を叩いたり、拳を振り上げながら「Yes」と叫んだり、そんな特定の動作は、緊張状態を緩め、気持ちを鼓舞することができる。

心の緊張は、身体に表れる。その身体をほぐせば、心の緊張もほぐされる。心身とは、一体不可分のものである。

上記の①~④は、いずれも緊張緩和に役立つことはよく知られていることだ。皆さんも取り入れられては、いかがだろうか。

しかし、上記①~④よりも、重要な観点がある。それは、スピーチ、プレゼンの「圧倒的」実力アップだ。実はこちらの方が、よほど緊張緩和に役立つのだ。


スピーチ、プレゼンの「断トツ」の実力アップなら、プレゼンの名門・日本コミュニケーション学院東京の話し方教室専門講座で学ばれるのがよいだろう。

■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。