ビジネスコミュニケーションの話し方教室|AIで企業広報のコミュニケーション戦略はどう変わるか? - 話し方教室ニュース - 話し方教室日本コミュニケーション学院東京:話し方教室の名門
日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

ビジネスコミュニケーションの話し方教室|AIで企業広報のコミュニケーション戦略はどう変わるか?

 
AIが企業広報にもたらすもの
アイデンティティ管理(認証)技術産業において、AIによる認証技術のデジタル化革命を経験したアンソニー・ペトルッチ氏は、4月20日、AIが企業広報に及ぼす可能性を記事にした。

 
ビジネスコミュニケーション/イメージ画像


企業広報プロフェッショナルは、自分自身とチームにより多くを期待しなくてはならない。そのために、AIによるコミュニケーション機能の増強機会を、長期的に受け入れることだ。

AIで変わる企業広報のコミュニケーション
AIは「仮想および拡張現実アプリケーション」を使用し、新しく革新的な方法で、ニュースを直接、広告ターゲットに届けることができる。

編集者、アナリスト、従業員等は執務室から、仮想会議室に入ることができ、記者会見、状況説明、情報セッションをいつでも経験することができる。


AIは、企業広報が日課として直接機械と通信することを可能にする。情報を直接ロボットに配布することは、いくぶん過激に感じるかもしれない。ところが、それは思ったより早く実現するだろう。

企業広報はAIを活用し、最善のコミュニケーションを
AIは、企業広報プロフェッショナルが、より多くの人々に対し、最も効果的なコミュニケーション訓練をできるようにしたり、影響力を測定することを手助けする。

たとえば、訓練の効果を予測した上で、講師が遠方のオフィスにホログラム(立体映像)として出現し、訓練を行ったりすることもあるだろう。


AIが邪悪な目的に使われるとき、潜在的な暗い側面が現れるであろうが、本来、AIは企業広報の友人的立場にある。企業広報プロフェッショナルは、最善の状態にあるべきで、完璧さを反映するためにAIを利用していく必要がある。

■参照情報・文献等/Forbes.com


まとめ/話し方教室の視点と要点:AI時代の企業コミュニケーションのポイント

AIは「仮想および拡張現実アプリケーション」を使用し、新しく革新的な方法で、ニュースを直接、広告ターゲットに届けることができる。

②編集者、アナリスト、従業員等は執務室から「仮想会議室」に入ることができ、記者会見、状況説明、情報セッションをいつでも経験することができる。


③AIは、企業広報が日課として直接機械と通信することを可能にする。情報を直接ロボットに配布することは、思ったより早く実現するだろう。

AIは、企業広報が、より多くの人々に対し、最も効果的なコミュニケーション訓練をしたり、影響力を測定することを手助けする。

AIは、ありとあらゆる仕事に大きな影響を与える。あと5~10年で仕事のやり方が激変すると言われている。人と人とのコミュニケーションの取り方にも、間違いなく大きな変化が訪れることだろう。

AIや機械が人と人とのコミュニケーションに介在してくることは間違いないが、フェイス・ツー・フェイスが人のコミュニケーションの基本であることに変わりがあるはずもない。

AIの時代だからこそ、フェイス・ツー・フェイスのコミュニケーションの重要性がかえって増す、と言ってよいのではないだろうか。


フェイス・ツー・フェイスのコミュニケーションに自信がない方は、話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京でレベルアップされておくのが良いだろう。

■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。