話し方教室「どのように乳児とコミュニケーションをとるべきか?」(話し方ニュース東京)

乳児がコミュニケーションをとろうとしている時は、それを察知してやる

乳児は泣いてばかりいて、外国語のように理解できないことが多い。しかし、「おなかが減った」や「眠たい」といったことを、親などに伝えたいから泣いている。

表情の変化や身体の動きなどもともなうため、親はしっかりとそれらを理解するべきだ。タイニーステップの9日の記事では、どのようにして乳児とコミュニケーションをとるのか、その方法が紹介された。

乳児であっても、親の感情や接し方を理解しているため、注意深くコミュニケーションを図ると良い。また、乳児がコミュニケーションをとろうとしているときは、それを察知してあげることも重要だ。

乳児は、父親や母親の温かい声を聞くのが好き

乳児は父親や母親の声をしっかりと覚えており、幸せそうな温かみのある声を聞くのが大好きだ。話し方などを聞いて、コミュニケーションの仕方も学ぼうとしているため、親が話せば話すほど、言語能力の発達に良い効果が与えられる。

また、話そうとして声を発してくるが、親はそれを真似してあげると良い。そうすることで、乳児は楽しくなり、更にコミュニケーションをとろうとしてくるだろう。

話し方教室の視点「乳児とのコミュニケーションのポイントとは?」

1.乳児であっても、親の感情や接し方を理解しているため、注意深くコミュニケーションを図るとよい。

2.乳児は親の話し方などを聞いて、コミュニケーションの仕方も学ぼうとしている。親が話せば話すほど、言語能力の発達に良い効果がある。

3.乳児は話そうとして声を発してくるが、親はそれを真似してあげると良い。乳児は楽しくなり、更にコミュニケーションをとろうとする。

乳児は親とのコミュニケーションを通して、自らのコミュニケーション能力を開発していく。もちろん言葉を話せないのだから、「非言語」コミュニケーションが中心であるのは当然だ。

コミュニケーションにまったく自信がない人は、親になる前に、コミュニケーションスキルの訓練をした方がよい。親になってからでは時間が足りなくなるのだから。

大人のコミュニケーション能力開発なら、話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京で学ばれるのが良いだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/親子コミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会