日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 あがり症 東京

 

ビジネスコミュニケーションの話し方教室|採用面接試験、面接官が気をつけるべき話し方や姿勢とは

 
面接官は直感に頼った採用をしない
採用面接試験における面接官は多くの志望者がいるため、直感に頼って採用者を決めてしまうこともあるだろう。

しかし、最近のハーバード大学の調査では、全体の80%にあたる従業員が、間違った採用試験によって、適した仕事を与えられていないことも明らかになった。


Al Bawabaの6日の記事においては、面接官の話し方や姿勢を改善し、効率的でより良い面接試験が行える方法を紹介している。

まず、面接官は面接試験を行う前に、志望者の履歴と、募集する役職の内容をしっかりと把握しておかなければならない。その上で、質問を事前に考えておくことで、自身の直感に頼った採用を行わなくなる。

 
ビジネスコミュニケーション/イメージ画像
 
「話す」より「聞ける」面接官に、質問を工夫する
質問の内容も、短い回答で終わるような内容ではなく、「自由回答形式の質問」をすると、より志願者について理解を深められる。

この場合、「沈黙」も効果のあるツールとなり、双方にとって良い働きをする。志望者にはプレッシャーをかけず、回答するまで時間を与えることも重要だ。


面接は通常20%から30%を面接官が話し、残りは志望者が話すことが好ましいとされている。「話す」より「聞ける」面接官になり、志望理由や持っている技術や資格などについて話させる機会を与えると良いだろう。

■参照情報・文献等/Al Bawaba


まとめ/話し方教室の視点と要点:採用面接試験、面接官の話し方の改善ポイント

①最近のハーバード大学の調査では、全体の80%にあたる従業員が、間違った採用試験により、適した仕事を与えられていないことが判明。

面接官は面接の前に、志望者の履歴と、募集する役職の内容を把握しておく。質問を事前に考えておき、直感に頼った採用をしないこと。

質問の内容も、「自由回答形式の質問」がのぞましい。また「沈黙」も効果のあるツールとなる。

面接は通常20%から30%を面接官が話し、残りは志望者が話すことが好ましい。


「面接」とは儀式ではない。自社に適合した「よりよい人材を得る」ために行うものである。良い人材が取れない面接では、無意味なのだ。

面接官はもちろん、話し方の改善なら、伝統と実績ある話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京で学ばれるのが良いだろう。

■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。