日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

コミュニケーションスキルの話し方教室|星座によるコミュニケーションの得手、不得手はあるのか?

 
個人的なコミュニケーションが失敗する理由とは
米国を本拠地とするライフスタイル・マガジンYour Tangoは5月7日、星座占いによるコミュニケーションの特徴を取り上げた。

 
コミュニケーションスキル/イメージ画像:pixabay


専門的な話題は得意でも、実は個人的な会話が苦手な人もいる。言うべきことを必要なときに言えなかったり、あるいはうっかりまずいことを言ってしまったりする。1対1のコミュニケーションの失敗は人間関係を損ねる。

人間はあからさまな対立を恐れ、意見を曖昧にすることを好む。個人的なコミュニケーションが失敗する理由の一つは、相手を傷つけ自分が拒絶されることを恐れるからだ。

コミュニケーションが下手な星座はあるのか?
てんびん座生まれはいつも自分の感情や意見を表現し続ける。しかしそれでは何が大事なのかわからず、ここぞという重要なときを逃してしまう。

しし座は大勢に向かって発言するのは得意だが、一方的で相手の言葉に耳を傾けない。


おひつじ座は話がうまいが、皮肉屋で発言に角が立ち、話し相手として骨が折れる。

おとめ座は最悪で、人間関係が危機に瀕しているときでさえ、相手を侮辱し馬鹿にし、言い負かそうとする。


受動的な攻撃性が強いみずがめ座も、同じぐらいコミュニケーションが下手だ。意味がはっきりしない音声やボディランゲージが多く、相手が自分の思い通りに行動するのを待っている。

うお座は繊細すぎて、困難な会話を始めることさえできない。しかし緊張をはらんだ沈黙の中では生き生きとしており、難しい話し合いによって関係を修復することを実は望んでいない。

■参照情報・文献等/Your Tango


まとめ/話し方教室の視点と要点:コミュニケーションが失敗するポイント

①言うべきことを必要なときに言えなかったり、あるいはうっかりまずいことを言ってしまったりするのはコミュニケーションの失敗。

人間はあからさまな対立を恐れ、意見を曖昧にすることを好む傾向にある。その理由の一つは、相手を傷つけ自分が拒絶されることを恐れるから。

てんびん座、しし座、おひつじ座、おとめ座、みずがめ座、うお座の6つの星座は、コミュニケーション・スキルに問題があるらしい。


コミュニケーションにはスキルがある。そのスキルは赤ちゃんの頃からの人との触れ合いに始まり、成長する過程での教育や経験によって育まれていく。

大人になってからのスキルの習得は、意識的に訓練するしか方法はない。自身のコミュニケーションを改善したい方は、コミュニケーションスキルの名門・日本コミュニケーション学院東京の話し方教室で訓練されるよが良いだろう。

■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。