話し方教室「より良いスピーチをするために、事前準備から本番までにするべきこと」

誰でもプロのようなスピーチができるようになる方法

スピーチの準備から本番までの話と聞くと、難しいことだと感じて緊張したり、怖気づいたりしてしまうものだ。

しかし、やるべきことをしっかり理解して実践していれば、誰でもプロのようなスピーチができるようになるとして、その方法がウィキハウの20日の記事で紹介されている。

まず、多くのトピックスを網羅するのではなく、伝えたい一つのメッセージだけに重点を置き、話の内容が常にそれに関連したものにすると、スピーチの構成づくりがスムーズに進む。

そして、子どもや大人、専門家など、誰に向けたスピーチなのか、しっかりとターゲットを絞ることも大切だ。

鏡や人前でスピーチの練習をすると自分の姿を客観視できる

スピーチはメモを見てするものではないため、練習をするなら鏡や友人の前でするべきだ。自身の姿も客観的に確認ができるため、より効率の高い練習だと言えるだろう。

更に、話すときは、ゆっくりと明確に発声することを心がけると良い。スピーチの中にあるセクションごとに「間」をつくることも非常に重要になってくる。

この「間」があることによって、受け取った情報を聞き手が処理しやすくなり、より理解してもらえるからだ。

話し方教室の視点「スピーチ上達のとっておきの秘訣」

1.多くのトピックスを網羅するのではなく、伝えたい一つのメッセージだけに重点を置く。話の内容は常にそれに関連したものにすることがスピーチ構成のポイント。

2.子どもや大人、専門家など、誰に向けたスピーチなのか、しっかりとターゲットを絞ることも大切。

3.スピーチの練習は、鏡や友人の前でするべき。自身の姿も客観的に確認ができる。また、話すときは、ゆっくりと明確に発声することを心がける。

これまで何度も記述してきたが、スピーチに対する恐怖心は、洋の東西を問わず、誰にとっても、非常に大きなものである。しかし、リーダや、リーダーを目指す方は、それを克服しなければならないのだ。

自分単独で訓練するのもよいが、あまりにも時間がかかって効率が悪い。ここは、スピーチの名門校で指導を受けたほうがよいだろう。東京にスピーチの名門・日本コミュニケーション学院がある。ここで学ばれるのが上達の一番の近道だろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/スピーチ,パブリックスピーキング/話し方教室ニュース・スタッフ委員会