話し方教室「短時間でできるスピーチ改善法!」(話し方ニュース東京)

自分が本当に興味あるトピックをスピーチする

人前で話すことを自然にでき、楽しめる人は少ない。色々な記事では、時間をかけたスピーチの改善方法が紹介されている。しかし、ラドヴィグ・サンストーム氏は、「ライフハック」の5月30日の記事で、短期間でできるスピーチの改善方法を紹介した。

自分自身が本当に興味のあるトピックスについて話さなければ、聞き手も楽しめない。そういったトピックスを選ぶことで、より簡単にスピーチができるほか、楽しく話せるようになるため、聞き手からの印象も良くなると言える。

重要な情報だけをピックアップ、シンプルにスピーチする

ただ、自身の専門性を示そうとするがために、話が長くなるなど、膨大な情報を聞き手に伝えてしまっている。より聞き手に伝わりやすくするためには、できる限り重要な部分をピックアップし、シンプルにするだけで良い。

多くの人は、緊張すると早く話してしまう傾向にある。ゆっくりと話し、より明白に発音することを心がけておくと良い。スピーチの質も上がり、頭が良い人物にもみえるだろう。また、これらを実行するために、スピーチの前にリハーサルを何度も繰り返ししておくべきだ。

話し方教室の視点「うまい!スピーチにするポイントとは?」

1.自分自身が本当に興味のあるトピックスについて話さなければ、聞き手も楽しめない。そんなトピックスを選ぶことで、より簡単にスピーチができる。楽しく話せるようになり、聞き手からの印象も良くなる。

2.多くの話し手は話が長くなる。膨大な情報を聞き手に伝えてしまっている。より聞き手に伝わりやすくするためには、できる限り重要な部分だけをピックアップし、シンプルにする。

3.多くの人は、緊張すると早く話してしまう。ゆっくりと話し、より明白に発音することを心がけておくと良い。スピーチの質も上がり、頭が良い人物にもみえる。

リーダーにとって「スピーチ」は避けて通れない。それなら、なるべく早いうちに訓練をするべきである。単独で訓練するのもいいが、時間がかかりすぎ、我流となり変な癖もついてしまう。

お勧めは、レベルの高いスクールでスピーチの訓練をされることだ。客観的に、足りない部分を指摘してくれる。リーダーのためのスピーチ訓練なら、東京にある話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院が一番。間違いない!

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/スピーチ,パブリックスピーキング/話し方教室ニュース・スタッフ委員会