日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

話し方教室|あがり症克服講座「スピーチの苦手意識・あがり症・不安を克服する術」

 
スピーチが怖い、あがり症を克服する
多くの人は、パブリック・スピーキングに苦手意識をもつ。人前で話すことは、死の恐怖に勝るともいわれる

それゆえ、「となりのサインフェルド」で有名なコメディアンのジェリー・サインフェルド(Jerry Seinfeld)は、「告別式にて弔辞を述べるくらいならば、自分が棺桶に入ったほうがましである」と表現している。


プレゼンテーション・スタジオ最高経営責任者のエマ・バニスター(Emma Bannister)氏は、「news.com.au」に対して、自己の経験に基づき、パブリックスピーキングに対する苦手意識、恐怖や不安を克服する術を紹介している。

同氏は2006年、企業向けにパブリックスピーキング研修・セミナー・コーチング事業を展開するプレゼンテーション・スタジオを立ち上げたが、かつて、自身もパブリックスピーキングは苦手であったと語る。

 
あがり症克服/イメージ画像:pixabay
 
不慣れによりパブリックスピーキング能力・スキルが低い
一般的に、人前で話すことは非日常的な出来事である。

経験不足や不慣れによりパブリックスピーキング能力・スキルは低く、失敗する要因に成り得る。また、パブリックスピーキングの結果は社会的地位、キャリアなどに大きな影響を与え、それゆえ、極度の緊張を伴う。


バニスター氏は、非日常的な経験、経験不足、極度の緊張感により、パブリックスピーキングに対する苦手意識が強まり、聞き手に自信のない印象を与えて印象を悪くすると指摘する。


自信が持てない状態を肯定的に捉え、スピーチの訓練をする
パブリックスピーキングに自信が持てない状態は失敗を招く要因になるが、一方、肯定的に捉えられる。

バニスター氏は、自信がないことにより練習を重ね、努力を惜しまないと考える。練習量に比例してパブリックスピーキング能力・スキルは向上し、人前で話す恐怖・不安感・あがり症は克服されていく。


また、緊張状態では、意識して肯定的な言葉を口に出し、否定的な思考を打ち切る。気負わず、自宅リビングにて家族と談話するように肩の力を抜き、話すことがパブリックスピーキング成功の鍵であると助言する。



まとめ/話し方教室の視点と要点:あがり症を克服しスピーチに自信をつけるためのポイント

多くの人は、パブリックスピーキングに苦手意識をもつ。人前で話すことは、死の恐怖に勝るともいわれる。

バニスター氏は、非日常的な経験、経験不足、極度の緊張感により、パブリックスピーキングに対する苦手意識が強まり、聞き手に自信のない印象を与えて印象を悪くすると指摘。

③自信がないことにより練習を重ね、努力を惜しまないと考えること。練習量に比例してパブリックスピーキング能力・スキルは向上し、人前で話す恐怖・不安感が軽減する。

古今東西、多くの人は、人前でのスピーチが恐怖である。つまり、あが
って、話せなくなるのだ。

でも心配はいらない。スピーチは非日常的な経験であり、殆どの人は経験値が足りていないだけなのである。それなら訓練をして、経験値を大きくすればよい。初心者の方も、超上級者も、スピーチの名門・話し方教室日本コミュニケーション学院東京で学ばれるのが一番だろう。

コピーライト話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。