話し方教室「社内コミュニケーションを向上させ、従業員の幸福と生産性向上を」(話し方ニュース東京)

労使間コミュニケーションの改善

人事システム等のコンサルティング・ラチス社は、6月1日、労使間のコミュニケーションは、従業員パフォーマンス・マネジメント・ソフトウェアの導入によって著しく改善されることをブログに掲載した。

月曜の朝だというのに、職場はミスコミュニケーションの連鎖で淀んでいる。仕事を始めるのが憂鬱だ。期末のパフォーマンス・レビュー(人事評価)の頃になると、従業員らが不機嫌になり、愚痴をこぼしがちだ。

期末に1度だけパフォーマンス・レビューを実施する企業は、従業員に建設的なフィードバックを行っていない。従業員は年に1度批評されることで、不意をつかれ動揺してしまうかもしれない。

マネージャーと従業員が定期的に話し合いの場をもつ

職場を心地良く回すために、成果、懸念事項や目標について、マネージャーと従業員が定期的に話し合いの場をもつことだ。有望な企業にとって、パフォーマンス・レビューは重要な構成要素なのだ。

「企業内の強いコミュニケーションを育てる基盤作り」、「率直なレビューを簡単に、いつでも知ることのできるシステム」、「フィードバックをわかりやすく一覧で表示する機能」、「企業目標を共有する」等の効果を狙って、従業員パフォーマンス・マネジメント・ソフトウェアを導入するのだ。

建設的なフィードバックを従業員に絶えず行う

悪い経営管理と成長機会の不足が、高い離職率を招く。成長機会の不足は、マネージャーと従業員間のコミュニケーションおよび理解不足から生じる。

ほめたり、建設的なフィードバックを絶えず行うことによって、従業員は自己の任務やマネージャーが求める業務の質についての理解を促進する。目標を共有し、短期・長期・具体的・可視的に設定することは、従業員の幸福と生産性向上に結び付く。

話し方教室の視点「幸福と生産性向上のための社内コミュニケーションのあり方とは?」

1.職場を心地良く回すために、成果、懸念事項や目標について、マネージャーと従業員が定期的に話し合いの場をもつこと。有望な企業にとって、パフォーマンス・レビューは重要な構成要素。

2.悪い経営管理と成長機会の不足が、高い離職率を招く。成長機会の不足は、マネージャーと従業員間のコミュニケーションおよび理解不足から生じる。

3.建設的なフィードバックを絶えず行うことにで、従業員は自己の任務やマネージャーが求める業務の質についての理解を促進する。目標を共有し可視的に設定することは従業員の幸福と生産性向上に結び付く。

管理者と従業員が定期的に話し合いの場を持つことは、あまりにも重要だ。年に一度では、少なすぎ。最低でも3ヵ月に一度。できれば月に一度は実施したい。

時間は長くなくても構わない。頻度がより重要だ。そしてその際管理者がずっと話しているケースが多いが、管理者は基本、聞き役に徹することがのぞましい。

従業員との、あるいは部下とのコミュニケーションに自信がない幹部、管理者は、話し方教室の名門(東京)日本コミュニケーション学院でしっかり訓練されるのがよいだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ビジネスコミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会