話し方教室「シンプルでも良い効果を生むコミュニケーションのコツを紹介」(話し方ニュース東京)

理解していない話をしない、伝わらないし無知に見える

コミュニケーションで最も大切なことは言葉だと思われがちだが、実はそうではない。コミュニケーションはダンスのようなもので、意思疎通ができるかどうかが最も重要だ。

それらをふまえ、ドラゴス・ルーア氏が「ライフハック」の8日の記事において、シンプルでありながら良い効果を生むコミュニケーションのコツを紹介している。

まず、終わり方が定まっていない話をしないことだ。あなたが話すことの内容をしっかりと理解して、相手に伝えようとしない限り、無知にみえてしまい、最悪な場合恥をかく可能性もある。結果的に興味を示してもらえず、コミュニケーションすらとれなくなってしまう。

会話の時は聞き手にまわる、リスニングスキルが大事

仮にあなたが会話の中で50%以上話し手にまわっているのであれば、大きな損をしている可能性が高い。大部分で聞き手にまわり、相手の話に耳を傾けることで、今まで知らなかったことや考え方など、重要な情報が得られるからだ。

一方で、聞き手にまわると言っても、ずっと口を閉ざしておくわけではない。

相づちを打つことや、もっと知りたいという姿勢で臨めば、相手に対し興味を示すことができ、会話をより良い方向にもっていくことが可能だ。そのため、リスニング・スキルも、しっかり身に付けておくことを忘れてはならない。

話し方教室の視点「効果的なコミュニケーションのポイント」

1.自分が理解していない話をしないことだ。あなたが話すことの内容をしっかりと理解して、相手に伝えようとしない限り、無知にみえてしまい、最悪な場合恥をかく可能性もある。

2.会話では聞き手にまわれば、今まで知らなかったことや考え方など、重要な情報が得られる。聞き手と言っても、口を閉ざすわけではない。相づちを打つ、もっと知りたいという姿勢で臨めば、会話をより良い方向にもっていくことが可能になる。

よく理解していないことを話す人達が多い。話し手が理解していない以上、聞き手には全く伝わらないのだ。

会話では、「話好き」は注意しなければならない。自分がずっと話す、ということは、相手はずっと聞かされる、ということになる。実際のところ、人は他人の話にあまり興味はないので、話好きは嫌われることになるのだ。

コミュニケーションには、ツボというものがあり、これは洗練されたスキルと言って良いものだ。コミュニケーションが良好な人達はこの「洗練されたスキル」をもっている。洗練されたコミュニケーションスキルなら、話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京で学ばれるのがよいだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/コミュニケーションスキル/話し方教室ニュース・スタッフ委員会