話し方教室「新入社員が何を知りたいかを理解し、いかに伝えるか!伝え方を考える」

職場周辺のカフェの場所についての伝え方

新しく仕事を始めたのが先週、若しくは20年前であっても、始めたばかりのときは誰でも何も分からなかっただろう。新入社員が知りたいことを理解し、いかに伝えていくのか、その方法をパクストン・オルト氏が、12日の「ザ・バズ・ビン」の記事において紹介した。

まず、新入社員は、職場の周辺にあるカフェの場所について知りたがることが多い。新しい職場の周りに何があるのか、全く分からないため歩いていける距離のカフェを教えてあげると良い。

例えば、コーヒーブレイクをつくりチームで店まで出掛ければ、それだけでどのカフェが良いのかアイデアを与えられるだろう。

会議室の予約の方法などの伝え方

新入社員は、会議室の予約方法も分からない場合もあり、その状況で予約をするように指示を出しても、小さなパニックを起こしてしまう。初めての会議のときや、ランチに一緒にいったときなどに、その方法を教えてあげる必要がある。

また、その会議室へどのように行ったら良いのか分からない従業員のために、地図を掲載するなど、明確に示してあげることも大切だ。

話し方教室の要点「先輩社員から新入社員への伝え方、教え方のポイント」

1.カフェの場所を伝えるなら、例えばコーヒーブレイクをつくりチームで店まで出掛ければ、それだけでどのカフェが良いのかアイデアを与えられる。

2.会議室の予約の仕方なら、初めての会議のときや、ランチに一緒にいったときなどに、その方法を教えてあげればよい。

新入社員は、入社後1ヵ月間は何かと不安である。その不安を取り除くには、先輩社員の手助けが必要だ。

たかが、カフェの場所や、会議室の予約の仕方であっても、先輩社員が親切に教えてくれると、大変ありがたく思うのが新入社員というものである。

さて、新人が入ってくれば、先輩社員は彼らよりも実務やコミュニケーションスキルで優れていなければならない存在になる。不安がある方は、東京の話し方教室の名門校・日本コミュニケーション学院で学ばれるのが良いだろう。

■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/話し方教室ニュース・スタッフ委員会/伝え方,話し方