話し方講座コラム-ステージ上でスピーチをする恐怖を克服する!

自分に合うリラックス法を見つけ、スピーチの練習を重ねる

ステージ上でスピーチをするときにだけ、恐怖を感じてしまう人が多くいる。中には吐き気や目眩の症状がでる場合もあり対策が必要だ。では、これらの恐怖を和らげたり、克服したりするにはどうしたら良いのか、イボネット・サンチェス氏がオーナーズ・マガジンの記事でその方法を紹介している。

まずは、自分自身に合ったリラックス方法を見つけるべきだ。音楽を聞いたり、瞑想をしたり、ステージに上がることを一時的に忘れられる何かを行うことで、不安や恐怖を和らげられる。

また、スピーチの練習を重ねることで自信が高まり、スピーチへの恐怖が少なくなる。家族や友人の前でスピーチの練習を行い、徐々に人数を増やしていくと良い。そうすることで、本番に向けて人前で話すことに慣れるほか、内容の修正点も発見できるだろう。

スピーチの恐怖や不安を受け入れ、立ち向かう

スピーチをするときに、恐怖や不安を感じると認めることも大切だ。その問題から目をそらさないことは、解決策を見つけるための第一歩となる。その状況を受け入れ、立ち向かう気持ちがあれば、自信を持つことにもつながる。

また。果物を食べたり、スポーツをしたりして健康的な生活を送ることで、自尊心の向上につながる。ヨガや瞑想などのアクティビティに参加すると、健康にも良いほか、人に囲まれる機会が増え、社交性を身につけることも可能だ。ステージに上がる前は、不安を高めるカフェインの摂取も避けると良いだろう。

■ 記事関連・話し方講座/初心者スピーチコース(あがり症専門・話し方教室)

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院/スピーチ,パブリックスピーキング/話し方コラム・スタッフ委員会