話し方講座コラム-最新装備による接客で、顧客とのコミュニケーションを向上させる!

ドライブスルーのミスコミュニケーション

外食産業の業界誌QSRマガジンサイトで、ジョー・チャンピ氏が、最新機器を装備したドライブスルーの重要性について記事にしている。

ドライブスルーはお客様とレストラン間のミス・コミュニケーションが頻発する場所だ。最新装備の利用によって、正しい注文を取ることが可能になる。スピーカーとヘッドセットが正しく動作しないと、ミスコミュニケーションが起こり、リピート客を失うことになる。

ドライブスルーの重要性は店舗に勝るとも劣らない

レストラン経営者にとって、技術革新を追い続けることは難しい。しかしながら、特定の技術革新は大幅に業務効率を改善するため、見落としてはならない。高い品質を維持するための守りの投資とみなすことだ。

ドライブスルーを副次的なものとして扱うべきではない。スピードと正確さに焦点をあてた、十分競争力を備えたチームでなくてはならず、車が店舗に着いたときから、注文通りの料理を受けとって、満足して去っていくまでの一貫したサービスなのだ。

最新装備でミスコミュニケーションをなくす

今のデジタル・ヘッドセットは、軽くなり、装着感が良い。ヘッドバンド・メッセンジャー・コントロールポッド(格納部品)の3部構成で、モジュールによって構成されているため、たとえ故障しても部品交換だけですんでしまう。

4段階のLEDライトで充電状態がわかり、バッテリーを外さずに充電することもできる。これらは全体のドライブスルーシステムを強化するもので、高い音声品質、より正確な注文聞き取り、より優れたカスタマーサービスを提供することができる。

最新装備を使った接客でミスコミュニケーションをなくすことで、ブランド価値を向上させることができる。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ミス・コミュニケーション/話し方コラム・スタッフ委員会