話し方教室「ビジネスに求められるスキルは、リーダーシップとコミュニケーションスキル」(話し方ニュース東京)

ビジネスでのソフトスキルの重要性

「デラノ」は6月27日、ルクセンブルグのビジネスの技術や訓練について、専門家へのインタビューを掲載。ビジネスの傾向は変化しても、ソフトスキルの習得と向上は必要不可欠だという。

リーダーシップとコミュニケーションが最優先スキル

ビジネス・スキル向上のためのコンサルティングやコーチングを行っているftsグローバルのCEO・レイチェル・トリース氏は、リーダーシップとコミュニケーションが、現代の企業が最優先するべき基本のスキルであると述べている。

組織が必要とするニーズはそれぞれ異なるものの、健全な環境を維持している企業は、これらが反映されているという。

「リーダーシップ」は常に求められるスキル

氏によると、2018年は金融商品市場指令(MiFID)などにより技術的なスキルが求められ、以前よりもソフトスキルは少ない傾向にある。とはいえ顧客へのビジネスアプローチが変化するため、長期的な見方でのトレーニングが必要だと語る。

市場は常に変化しており、20年後に何がトレンドになるのかという予測は困難だ。だがその中でも、リーダーシップは常に求められるスキルであり、これはコミュニケーションスキルの重要な部分でもあると主張。

技術が発達しても組織を動かすのは人間であり、特にコラボレーションを必要とする職場では、ソフトスキルが重要であることは間違いないと述べている。

話し方教室の視点「現代企業が最優先すべきリーダーシップとコミュニケーションのスキル」

1.トリース氏は、リーダーシップとコミュニケーションが、現代の企業が最優先するべき基本のスキルであると述べている。

2.氏は、20年後に何がビジネストレンドになるのかという予測は困難だが、リーダーシップは常に求められるスキルであり、これはコミュニケーションスキルの重要な部分でもあると主張。

AIの時代である。現在ある仕事の多くは、10年後には消滅するか姿を変えていることだろう。

確かに20年後のビジネストレンドなど、殆どの人にはわからない。しかし、絶対に必要なソフトスキルなら、これはわかる。

AI時代には、人間にしかできないスキルが重要になるのだ。それは創造力や独創性であり、対人コミュニケーションやリーダーシップなのだ。

コミュニケーションスキルやリーダーシップ開発なら、東京に話し方教室の伝統校・日本コミュニケーション学院がある。未来に備えて、ご利用になるのがよいだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/リーダーシップ/話し方教室ニュース・スタッフ委員会