話し方教室「面接の際のコミュニケーション・スキル、何が重要か」

面接では大きな声で、アイコンタクトを忘れずに話す

コミュニケーション・スキルは、仕事の面接においても非常に大切なものとなる。このスキルが低いと、様々な場面でも困難に直面するとして、改善方法を「フレッシャーズ・ホスト」が24日の記事で紹介している。

まず、仕事の面接で重要なことは、恥ずかしがり、控えめにならないことだ。話し始めにはしっかりと自己紹介をして、自信を持って大きな声で、相手に訴えかけることを心がけると良いだろう。

また、アイコンタクトを忘れずにすると、よりフレンドリーな雰囲気で話を進めることが可能。アイコンタクトも、コミュニケーションの一部であると忘れてはならない。

面接ではゆっくりと、簡潔に話す

心配事や緊張があると、話すスピードのコントロールができなる。必要以上にスピードが速くなることが多いため、落ち着いて話したり、回答したりことを心がけておくと良い。

長くならず簡潔に答えられるように、事前に練習や準備をしておく必要もあるだろう。高いコミュニケーション・スキルを示すことができれば、採用担当者に対して、大きなアピールが可能となる。

話し方教室の要点「面接での話し方・伝え方のポイント」

1.面接で重要なことは、恥ずかしがらないこと。始めにしっかりと自己紹介をして、大きな声で相手に訴える。また、アイコンタクトを忘れずにすると、フレンドリーな雰囲気で話が進む。

2.話すスピードはゆっくりめ。落ち着いて話す。また、話が長くならず簡潔に答えられるように、事前に練習や準備をしておく必要がある。

面接の場では、面接官とディベートをするのではない。面接官に聞かれたことに対して、ポイントをはずさずに回答することが面接される側の役割である。

面接合格の肝は、「明朗、明快」と言ってよい。明朗とは、明るくほがらかなこと。明快とは、はっきりしていて分かりやすいこと。誰しも、明るくほがらかな人と一緒にいたいものだし、はっきり分かりやすくモノを言う人と共に仕事をしたいのもなのだ。

そこで、「明朗」のために大事になるのが、大きめの声と、スマイルをたたえたアイコンタクトである。また、「明快」のためには、簡潔に、ゆっくり話すことが肝心になってくる。

大きい声も、アイコンタクトも、簡潔にゆっくり話すことも、コミュニケーションスキルの基本であり、最初に訓練すべきポイントといえる。これを機会に、仕事でのコミュニケーションスキルを高めたい方は、話し方教室の名門(東京)日本コミュニケーション学院で訓練されるのが良いだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/話し方,伝え方/話し方教室ニュース・スタッフ委員会