話し方教室|リーダーシップ講座「より優れたマネージャーになるためには、何が必要か?」 - 話し方教室ニュース - 話し方教室日本コミュニケーション学院東京:話し方教室の名門
日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

話し方教室|リーダーシップ講座「より優れたマネージャーになるためには、何が必要か?」

 
上司は、部下との「人間関係」を築くのも仕事 
「マネージャー」として上の立場になったのにも関わらず、部下が思うように指示を聞いてくれなかったり、適切な行動をしてくれなかったりして、頭を抱えるときがあるだろう。

それは「マネージャー」として、部下と信頼関係などが築けていないからだ。より優れたマネージャーになるために、部下との接し方をJenny Keller氏が21日の「Labor MAX」の記事で紹介している。


上の立場の人間になったからといって、傲慢になってはならない。しっかりと部下に対し、「人間として」基本的な尊重をしていることを示す必要がある。

簡単な方法だと思うかもしれないが、実際の職場では実践できている上司は少ない。お金を生み出す道具としてではなく、一人の人間として接するように心がけるべきだ。

 
リーダーシップ講座/イメージ画像

 
部下の話を常に聞く姿勢が、良好な関係構築の秘訣
どこからでも職場などの改善につながるアイデアは入ってくるため、部下がいつでも話しにこられる環境をつくると良い。

上のものとして全てのことを知っているわけではないので、部下の意見を常に聞く姿勢を示すと、お互いを尊重し合える良好な人間関係ができるだろう。


また、質問などを受けたら、しっかりと回答できる時間を作り、部下の疑問や不満の解消に努めることもマネージャーとしての役割だと言える。



まとめ/話し方教室の視点と要点:上司と部下の人間関係構築のポイント

上の立場になったからといって、傲慢になってはならない。部下に対し、一人の対等な人間として接することが大事。「人間として尊重」していることを示す必要がある。

②上司は全知全能でも何でもない。部下の意見を常に聞く姿勢を示すことで、お互いを尊重し合える良好な関係ができる。また、質問や相談に、しっかり回答できる時間を作ることもマネージャーとしての役割。

今も昔も、「離職理由」の上位に「職場の人間関係」がある。最近では、「良い職場」とは「職場のコミュニケーションや人間関係が良い職場」のこと。それが相場になっている。

さて、上司も部下も、それぞれ人間関係に気を使っている。しかし「気の使いすぎ」は、どこか不自然でぎこちない関係になってしまうのでよろしくない。

大切なのは、最低限のポイントを押さえたら、あとは自然に、自分らしく振舞うことである。

とは言っても、なかなかうまく「人間関係」が構築できない人もいる。そんな人は、訓練をすればよい。人間関係も、コミュニケーションもスキルなのだ。

幸い東京にコミュニケーションスキルを磨く話し方教室名門日本
コミュニケーション学院がある。ご利用になるのが問題解決の近道だと思う。

コピーライト話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ワールドニュース・スタッフ委員会



コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。