話し方教室 コラム|PRコミュニケーションに学ぶ説得力を高める秘訣

PRコミュニケーションとリーダーシップ

「ビジネスミラー」は6月24日、影響力のあるPRコミュニケーターになるための、専門家のアドバイスを掲載している。そこには戦略を投影するカリスマ的な要素が存在し、自分自身を高めることが大切だとしている。

コミュニケーターの4要素

コミュニケーションの専門家、ジョン・ウィリアムズ氏によると、PRコミュニケーターに必要なのは、「説得力あるコミュニケーションスキル」、「共感」、「正直さ」、「フォーカスと意思」の4つを備えることだと話す。

これらは他人とつながるための効果的な要素であり、自身の行動や意思を認識し、正直であること、考えや立場を明確にすることを指す。

他人を説得する、考えを変えようとするのではなく、自分の行動を理解してもらおうとすることで他人の共感を得ることができると述べている。

説得する人は、自身を磨き続けなければならない

ビジネス、または政治的なコミュニケーションの紛争は強さと慎重さから対処され、自分自身を磨かなければこれに打ち勝つことはできない。耳を傾け、紛争の原因を特定して引き出し、抵抗を強みに変え良い関係を結ぶためのリーダーシップが求められる。

影響力のあるPRコミュニケーターは、ビジネスの取り組みや戦略を投影する人物でもある。ガンジーやチャーチルのカリスマ性もここにあるとしている。

話し方教室の視点「説得力の高め方!」

1.ウィリアムズ氏によると、PRコミュニケーターに必要なのは、「効果的で説得力のあるコミュニケーション」、「共感」、「正直さ」、「フォーカスと意思」の4つを備えることだという。

2.これらは他人とつながるための効果的な要素である。他人を説得する、考えを変えようとするのではなく、自分の行動を理解してもらおうとすることで他人の共感を得ることができると述べている。

他人を「説得」するのは、なかなか難しい作業だ。その人が「反対」の意思を示しているのなら、なおさらのことである。

そこで頭を切り替えてみる。

相手を「説得」、説き伏せるのではなく、自分の行動に「理解を促す」ことにするのである。そして、その自分の行動が、結果的に相手にもメリットになることに気づいてもらうのだ。

説得には反発する相手も、理解や提案は受け入れることがある。これは交渉の場面でよく使われるスキルでもある。

説得力を高めるには、不断の努力が必要だ。生半可な努力では身につかない。人間性を高めながら、スキルを訓練する必要がある。価値ある訓練をしたい方なら、話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京をご利用になるのが良いだろう。

■ 記事関連・話し方講座/ワンランク上の話し方教室(ロジカルコミュニケーション)

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院/説得,説得力/話し方コラム・スタッフ委員会 提供