あがり症克服の話し方教室「人前で話すことに対する苦手意識や、あがり症を克服するには?」(話し方ニュース東京)

いかに苦手意識を克服し、スピーチを効率的に行うか

人前で話をすることは、死ぬことよりも怖いとする回答が多くあると、これまで様々な調査結果から明らかになっている。いかに苦手意識や、あがり症を克服し、効率的なスピーチができるのか、その方法を、ザ・バランス・キャリアズの7月6日の記事で紹介されていいる。

まず、人前で話すときには、あらかじめ学ぶ時間を確保し、そのテーマについての知識をしっかりと深めておくべきである。

そうすることで、スムーズに知識などをシェアすることが可能になる。また、話す相手の知識量などを知っておくことで、話す内容の準備もより簡単になってくるだろう。

スピーチの内容の丸暗記を避け、自信があるように振舞う

話す内容を完全に記憶するのは避けるべきだ。なぜならば、記憶しておいたフレーズなどを忘れてしまった場合、パニックに陥ってしまうからである。

話の概要だけを押さえておき、必要であれば、メモを用意しておくのも良い。

人は不安などを口にすると、それが増幅し、状況が悪化していく傾向にある。そこで周りに対して、自信があるように振る舞っておくことで、自らを信じられるようになっていくものだ。

話し方教室の視点「スピーチの自信をつけるコツ」

1.人前で話すときには、あらかじめ学ぶ時間を確保する。そのテーマについての知識をしっかりと深めておくこと。

2.話す内容を完全に記憶するのは避ける。忘れてしまった場合、パニックに陥ってしまうから。

さて、これまでも再三述べてきたことだが、「スピーチの恐怖は、死ぬ恐怖をも上回る」ということである。これは世界の常識になりつつある。

では、スピーチを恐怖にしないために何が必要か。それは、しっかり訓練して、スピーチの初心者から脱出するしかないのである。スピーチのレベルが初心者だから、スピーチが怖いのであり、また、あがり症にもなるのだ。

問題解決の秘訣はいたってシンプルだ。訓練、訓練、訓練!そして訓練で自信をつければ、あがり症や恐怖症は解決していく。あなたも「スピーチが怖い」という暇があるのなら、さっさと訓練にとりかかるべきだろう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/あがり症克服/話し方教室ニュース・スタッフ委員会