日本コミュニケーション学院
サイト内検索

話し方教室 東京 あがり症

 

話し方教室「セリーナ・ウィリアムズ選手が決勝後に心境を語る」

 
ウィンブルドン選手権の決勝にて敗れる
今月14日、オールイングランド・クラブ(ロンドン郊外)にて、ウィンブルドン選手権の女子シングル決勝が行われた。

アンゲリク・ケルバー選手がセリーナ・ウィリアムズ選手を下し、ウィンブルドンを初制覇した。

 
 
結果を肯定的に受け止めると話す
「ELLE」によると、試合後、ウィリアムズ選手は、スタンド席の観客に向けて悔し涙をこらえる素振りを見せながら、優勝できず、明らかに不本意な結果であったと述べた。

決勝は驚くべき素晴らしい試合だったと続け、今回の試合結果を肯定的に受け止め、新たなスタートをきり、次回の試合に備えたいと話した。

また、ウィリアムズ選手は、昨年度9月に第一子となる娘オリンピアちゃんを出産している。それゆえ、決勝戦は世界中の母親のためにプレーし、全力を尽くして挑戦したと語る。スタンドの観衆は、ウィリアムズ選手に大歓声を送った。

出産・育児を通して考え方が変化
今年5月、ウィリアムズ選手は、インタビューに対して、出産・育児を通して人生や物事の考え方が大きく変化したと話している。

例えば、これまで、軽蔑的・中傷的な当てつけ、皮肉には、耳を傾けなかったという。

しかしながら、出産を機に、多くの表現には女性に対する軽蔑・中傷・皮肉が含まれ、認知・理解している以上に、間接的な女性差別があると考えるようになった。


ウィリアムズ選手は、女性は強く、賢くあるべきであると強調している。


コース・講座のご案内 以下は、コース講座案内

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。