話し方教室「変革に適応し、収益を上げられるリーダーシップを求む!」

医療分野では、リーダーシップが欠如している

現在、アメリカ合衆国の一部の州では、医療分野において、圧倒的なリーダーシップが不足していると言う。それにも関わらず、マネージャーやスーパーバイザーのリーダーシップスキルを、向上させるシステムが確立されていないのである。

力のあるリーダーがいない上に、リーダーシップを育成する時間も取れないので、そこにリーダーシップのひずみが出てしまう。そうした状態を今後どうしたら良いかが、1月22日のエインプレス・ワイヤーに記されている。

変革に適応し、収益を維持するリーダーシップが求められる

医療分野に期待できることが1つあるとすれば、それは常に変化していて確実なことが何もないと言うことである。良くも悪くも停滞しないので、そういった変化と不確実性に常に直面しながら采配を振るうことのできるリーダーが必要とされるのである。

つまり変革に適応できるような新しい解決方法を見出し、不確実性を利用しながらも収益性を維持するようなリーダーシップが求められている。

これは決して医療分野に限ったことではないだろう。変化を繰り返す市場で勝ち残っていくために、今後はそういうスタイルのリーダーシップに焦点を当てていくべきなのである。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/医療コミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会