話し方教室「人前で話す時の『あがり症』に打ち勝ち、優れた話し手になるには?」(話し方ニュース東京)

スピーチの「中身」をしっかり「理解」しておくこと

多くの人が人前で話すことに恐怖を覚えているが、それに打ち勝ち、優れたスピーカーになる方法を、ギャブ・ドイ氏がデジタル・ブロガーズの2月23日に記事で紹介している。

まず、あなたのスピーチのトピックスを、事前にしっかりと理解しておく必要がある。自信がないと、聴衆を見て話すことができず、自身の足元や天井を見てしまったり、内容が曖昧になってしまったりと、気まずい時間を作ってしまうからだ。

即興で話し始める前に、順序立ててスピーチができるように、準備に準備を重ねるのが良いだろう。

スピーチの際に聴衆を引きつける工夫を

あなたのスピーチで聴衆を引きつけることは、決して簡単なことではないが、成功を収めるためには一番の近道だと言って良い。

聴衆から興味を持ってもらうことで、相互的でポジティブなつながりが生まれる。そのための最も効率的な方法は、Q&A(質問と回答)形式をスピーチに取り入れることである。

そうすることで、スピーチによってシェアしたアイデアに対する聴衆の考えを、直に聞くこともでき、よりつながりを深めることが可能だ。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/スピーチ,パブリックスピーキング/話し方教室ニュース・スタッフ委員会