話し方教室「良い人間関係を作り出す、良きコミュニケーターになろう!」

良いコミュニケーターになるための「アクティブリスニング」

職場でプレゼンテーションをするときや、反対の意見を述べるとき、友人と会話をするときなど、良い人間関係を作り出すのは、効率的なコミュニケーション。

あなた自身がより良いコミュニケーターになるためにすべきことを、メンタル・フロスが2月25日の記事で紹介している。

まず、コミュニケーションの基本となる「アクティブリスニング」の実践をすると良い。相手の話を聞かない限り、しっかりとした返答ができないからである。

必要であれば、内容の要点をまとめて聞き返すことで、あなたがその話をどこまで理解できたのか確認することも可能だ。

会話での自然な「間」を恐れない

会話の中では自然に「間」ができて、話が止まることもあるが、それを「気まずい」や「怖い」などと思わずに、必要なことであると認識しておくと良い。

「間」を嫌ってむやみに口を開き、相手の話を遮らないようにしよう。
また、「えー」や「あー」などと言うのも避けること。

「評価する」や「管理する」、「アドバイスする」といった動作動詞を使用すると、自信がなくとも、相手に対し自信があるかのように見せることが可能になる。

■話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/話し方教室ニュース・スタッフ委員会/コミュニケーションスキル