話し方教室「社内コミュニケーションを改善し効率的にする方法とは?」(話し方ニュース東京)

「上から下へ」の一方的な社内コミュニケーションをやめる

多くの企業が、社内コミュニケーションを重要視せず、誤解や不安などを生みだしている。しっかりと適切に従業員へ情報が伝わるようにするには、どのようにしたら良いのか、フィオーナ・チャーレン氏が4月29日のラーガンズ・ピーアール・デイリーの記事で紹介した。

まずは情報や指示などが上から下へ一方的に流れていく環境を改善すべきだ。そういった方法では、双方の会話の機会が生まれず、新しいアイデアやフィードバックが伝わらない。

また、難しく曖昧なものではなく、双方が理解できる言葉で話をすると、より効率的に物事を進めることが可能だ。

コミュニケーションの際の「伝達方法」も柔軟に考える

コミュニケーションを行うことで、従業員の教育ができたり、モチベーションを高めたりできるが、奮起を促すことも可能だ。

ただ単に情報を与えるだけでなく、専門性を高めてあげられるコンテンツの提供をすると良い。インスピレーションを与えるきっかけとなり、実用的で役立つことを提供する存在になることが重要だろう。

また、その伝達方法もメールだけでは、開封されない可能性もあるため、動画や音声メッセージを送信するのも1つにアイデアだ。マーケティング・キャンペーンで行うのと同じように、説得力があり興味深いものにすることで、従業員への伝わり方も違ってくる。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/社内コミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会