話し方教室「職場で効率的なコミュニケーションを実現するコツとは?」(話し方ニュース東京)

相手から「信頼される」聞き方、話し方を

コミュニケーションといえば、「書くこと」や「話すこと」に気を取られがちだが、明確に物事を伝え、相手の興味を引くことも重要なことだ。これは職場にも当てはまることであり、効率的なコミュニケーションを実現するための方法を、レイ・ジン氏がライフハックの4月30日の記事で紹介した。

まずは「聞く」ことに重点をおいて、コミュニケーションをとるようにしたい。周りに会話の妨げとなるものを置かず、あなたは相手の話を受け取るレシーバーや、アンテナのような存在になるべきだ。

そしてあなたが話す際には、嘘偽りのない自分の言葉で正直に伝え、上から目線や高圧的な話し方は避けると良い。そうすることで、相手から信頼が得られるようになるだろう。

ストレスが多い状況下でも、冷静に落ち着いた声で話す

もし、みんなが何かを声高に叫んでいたとしても、冷静に落ち着いた声で語る人のほうが、目立って聞き入れやすい。コミュニケーションをするときも、優しいソフトな声のトーンで話すだけで、クリアに伝わると言える。ストレスの多い状況では、より落ち着いて話すようにしたい。

また、不必要に複雑な言葉や、専門用語を使うと、あなたが伝えたい意味や内容などが全く相手に伝わらなくなる。そのため、急がず、互いが分かる言葉で、丁寧な話し方を心がけよう。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/職場コミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会