話し方コラム|ビジネスコミュニケーションにおける説得力を高める!

説得する前の準備とは?

タイム・オープンでは「説得」について、あるビジネスパーソンが受講した講義に基づいてアドバイスを掲載している。

説得とは、相手の状況を理解させること。説得には時間と努力が必要なため、目標をきちんと定め、相手や自身のコミュニケーションスタイルを理解し、説得の準備をすることも大切だという。

相手の要求するものを提示して説得する

説得に際しては、相手に自身の意見ばかり押しつけてはいけない。例えば上司と商品の開発段階で意見の相違が生じたとする。

相手がユーザーのフィードバックを求めている場合は、あなたがどれだけ分析データを示しても説得はできない。それどころかあなたが作りたい状況を逃してしまうため、まずは相手の要求するものをきちんと提示することだ。

相手の情報処理スタイルに合わせて説得する

さらに、相手がどのように情報を処理しているかを知ることは重要だという。

例えばデータを好む相手はあなたが長く話をしても聞いていない可能性がある。そんな相手なら、具体的な指標と要点をまとめ簡潔にすることだとアドバイスしている。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/説得,説得力/話し方教室ニュース・スタッフ委員会