話し方コラム|ビジネスの成功は、対話がもたらす!

ビジネスにおける対話の重要性

個人事業主でなければ、会社組織にはたくさんの人がいる。その中でビジネスを進めていくと、必然的に対話が生まれる。何か問題が起きた時、誰かが声を上げなければ決して解決することはなく、顧客も離れ最終的にはビジネスを失うことさえある。

しかし発言や対話に恐れを感じ、他のスタッフと意見を交わさない社員やリーダーは少なくないと言う。ビジネス・ドットコムに、対話を恐れるタイプの人が犯しがちなミスについて記されている(2018/10/03)。

発言する、返答することで信頼が得られる

発言を恐れる人は、他者に意見を求めないと言う。ビジネス上で戦略の変更を勝手に行い、なぜかと聞いたら「誰にも聞かれなかった」とか「誰かが気にするなんて思わなかった」と答える。

この解決策は至って簡単。人に尋ねればいいのである。そうすれば、自分が知らないことや最善の方法を教えてくれる人がいることが分かるだろう。業務上、他のスタッフと相違点があれば、時間がかかるかもしれないがすり合わせていく努力が必要である。

そしてこういうタイプの人は、返答をしない。これはビジネススタッフとして、意見を求めない以上にマズイことである。他のスタッフが時間とエネルギーを割いて何かを共有しようとしてくれているのに、全く返事をしないのは興味がないことを意味して失礼に当たる。

意見を求められたら応答する。意見をまとめて、これから実行したいことと理由を話す。たとえそのアイデアが実現しなくても、聞いてもらえたという事実が自分の中で広がって、次も発表してみようと言う気になるのである。

発言を恐れる人にとっては容易なことではないだろうが、時間がかかっても、意見を求めたり応答したりできるようになるべきであろう。そのうちに信用と信頼を獲得し、ビジネスにおいて最適な決断ができるような情報が苦労せずとも入ってくるようになるのである。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ビジネスコミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会