話し方教室東京コラム-内向的な上司とうまくコミュニケーションをとる方法とは?

内向的な上司とはじっくりと待つコミュニケーションを

イーロン・マスク氏やウォーレン・バフェット氏が証明するように、内向的なリーダーほど事業は成功しやすい。では、そういったマネージャーなどと従業員が、如何にしてコミュニケーションをとったら良いのか、「インク」の記事でトム・ポポマロニス氏が紹介している。

内向的なマネージャーは、従業員の質問や問題提起に対し、調査や違った状況などを考慮して回答をする傾向にあるため、答えが得られるまでじっくりと待つ必要がある。臨機応変に対応してくれるため、マネージャーと常にコミュニケーションをとるという姿勢が大切だ。

ポイントを突いた情報提供をし、コミュニケーション頻度は抑える

また、トピックスのポイントを突く情報の提供をし、興味を引き付けなければならない。内向的なマネージャーは、無関心なわけではなく、エネルギーを温存している。そのため、コミュニケーションは必要最低限に抑えると良い。

「内向的」は「内気」とは違い、彼らのアイデアや感情を表にあまりださないだけだ。もし、不明確な話や指示があった場合は、その場で「あなたが言っているのは〜ということですね」と確認するべきだ。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会