話し方教室コラム-職場の効率的なコミュニケーションを妨げるものとは?

不明確なメッセージ、間違ったコミュニケーションの取り方

効率的なコミュニケーション・スキルは、職場に変化を生み出す武器として、リーダーに必要不可欠なものであるが、あまり重要視されていないことが多い。ビッキー・ウェブスター氏とマーチン・ウェブスター氏は、リーダーシップ・ソーツ記事で、効率的なコミュニケーションを妨げる壁の例を紹介している。

まず、1つの例として、相手に明確でないメッセージを伝えていることがある。何をいつ話すべきなのか判断した上で、コミュニケーションを取ると良い。

また、コミュニケーションの方法を誤っていることが多い。Eメールや対面式の会議など、状況に応じてどのようなコミュニケーションするのか決断するスキルも求められる。

騒がしい環境での会話、多人数を介してのメッセージ伝達

オフィスが騒がしいと、会話だけではなく仕事に対する集中力も残ってしまう。大切な会話の妨げにもなるため、リーダーとしてオフィス環境を整える必要がある。

さらに、部下などに対しメッセージを伝えるときに、多くの人を通して行う会社があるが、元々の情報が大きく変わってしまう可能性が高い。そのため、多くの人を間においてコミュニケーションを取ることは避けるべきだ。

■ 記事関連・話し方講座/会話,雑談力専門・話し方教室

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院/ビジネス・コミュニケーション/話し方コラム・スタッフ委員会