話し方教室東京 コラム-中小企業がリモートワークを成功させるビジネスコミュニケーションのコツ!

従業員とゴールを共有、詳細に伝えること

中小企業も「新しい生活様式」に適応していくため、リモートワークを導入しているところが増えている。うまく事業を展開していくにはどうしたら良いのか、コミュニケーションに焦点をあててスマートカンパニーが記事で紹介している。

まずは従業員と明確なゴールの共有をし、集中して仕事を進めてもらえるようにするべきだ。その内容は、より詳細に伝えるほど良い結果につながっていく。

定期会議で効率的コミュニケーション、クラウド型ビジネスフォンの活用も

新しい仕事環境においては、同僚とどのようにコミュニケーションをとっていくのかが課題となる。そのため定期的な会議などを設定しておき、全員が同じ日時に効率的なコミュニケーションがとれるようにすると良いだろう。

また、固定回線ではなくクラウド型ビジネスフォンサービスでインターネット回線の電話を利用すると良い。自動応答などの様々なスマートビジネス機能を搭載しているものを選べば、適切な部門またはチームメンバーに直接電話をかけることができるほか、停電時にもボイスメッセージを電子メールに送信することが可能になる。

インターネット回線になるため、顧客は従業員がリモートワーク若しくはオフィスで働いているのか分からないこともメリットの1つだ。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会