話し方教室東京 コラム-色んなコミュニケーションをうまくやる秘訣!

メッセージを伝える前に、相手との関係構築を

コミュニケーションには、主に「口頭」・「非言語」・「書面」・「ビジュアル」といった4つの種類がある。これら全てにおいてうまくコミュニケーションをとっていくためには何をするべきなのか、その方法をリン・ブルーインズ氏がフォーホテリアーズの記事で紹介している。

コミュニケーションでメッセージを伝えるためには、ある程度相手とのつながりを深める必要がある。コミュニケーションを始める前に1分だけでも目の前にいるのが誰なのか考えると、よりスムーズにつながることができる。

また、コミュニケーションは人の感情と向き合うことでもあるため、オープンで正直なまま自分の考えや意見を伝えると良い。個人的な話を交えると、相手にあなたがどういった人なのかを伝えることもできるだろう。

相手の話を聞くこと、双方向のコミュニケーションを行うこと

コミュニケーションの重要な部分は相手の話を聞くことであり、その内容について反応しなければならない。

しっかりと話を聞いた上で自分の言葉に言い換えて繰り返すと、相手に集中していることが伝わるだろう。

また、コミュニケーションは一方的ではなく、双方向で行われなければならない。相手の考えや意見などを受け入れ、それに応じて話を進めていくべきだ。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会