話し方教室東京 コラム-製品開発チームの効果的コミュニケーションの方法!

正直なコミュニケーションを、問題点だけでなく背景まで説明を

B2B製品開発チームは創造性と革新性の部分で刺激を得るため、効果的なコミュニケーションは必要なことだ。ではいかにして効果的なコミュニケーションをとっていくのか、その方法をマーカス・フォード氏がミーディァムの記事で紹介している。

信頼関係を築くには嘘偽りのないコミュニケーションが必要だ。これができれば、ビジネス間で最高の思考を引き出すことなどに役立つ。

また、コミュニケーションをする際には手を抜くことなく、問題とその背景まで常に説明するべきだ。問題が何であるかを明確に定義することによって、ソリューション開発の明確化にもつながるだろう。

相手の立場から考えてコミュニケーションを、謙虚な姿勢が大事

B2B製品開発をするのなら、それらが相手にどのような利益をもたらすのかについても考えなければならない。

相手の立場から物事を見られるようにして、コミュニケーションをとるとより効果的なアプローチがかけられるだろう。

また、謙虚になってしっかり相手の話に耳を傾けると、新しいアイデアやソリューションが見つけられることもある。チームに新しい力をもたらすためには謙虚になることが必要だ。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方講座・総合案内/ビジネス話し方教室(東京)・目的別 話し方講座 一覧

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会