話し方教室東京 コラム-雇用主は従業員とのコミュニケーションを改善せよ!

複数のコミュニケーションチャンネルを用意し、従業員の心の声を聞く

成功している企業の多くは従業員とうまくコミュニケーションをとっていると言われている。では実際に、どのようにそういったコミュニケーションを実現していくのか、カルワンタイムズが記事でその方法を紹介している。

確実にコミュニケーションをとるには複数のチャンネルを用意するなど、しっかりとした環境を構築しなければならない。

また、従業員をしっかりと理解しておくことが大切だ。必要であればアンケートのような調査などを行い、心の中の声が伝えられる機会を設けると良い。

従業員と情報共有をし、コミュニケーションプロセスの効果測定を

従業員とコミュニケーションをとるときに、情報が耳に入ってこない状況を作ってはならない。その会社のコミュニケーション戦略が機能しているかどうか、コミュニケーションプロセスの効果を測ることが重要だ。

また、雇用主が従業員から最高なアウトプットを得たいならば、持っている情報を詳細にわたって共有する必要がある。

従業員が情報にアクセスできるようになるだけで、目標設定をスムーズに設定でき、仕事のスピードも上がっていくだろう。

■ 記事関連・話し方講座/エグゼクティブコーチング

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会