話し方教室東京 コラム-グローバルチームの効率的コミュニケーションの取り方!

ビデオ会議で、顔を合わせてコミュニケーションを

現代社会ではテクノロジーが発展してきており、世界中の人と強力してビジネスを進めていくことも珍しくない。そんな中、オンラインでつながるグローバルチームとどのようにしてコミュニケーションをとれば良いのかという課題もでてきている。

そこで、ザウッドランドオンラインの記事でアマンダ・キング氏が、課題の解決につながる効率的なコミュニケーション方法を紹介している。

まず、グローバルチームのメンバーとは必ずビデオ会議で、「顔を合わせて」コミュニケーションをとるべきだ。協力している人同士が最新情報・課題・進捗状況などをしっかりと共有するためには、顔を合わせてつながりを深めることが大切である。

タイムゾーンや時差を考慮し、文化の違いを理解してコミュニケーションを

グローバルチームのメンバー間では、それぞれの住む場所で時差があり会議などの開始時間が朝の人もいれば夜の人もいる。そういったことも把握・考慮して、チームリーダーはそれぞれの立場・時間を尊重して、適切な時間設定をしなければならない。

また、多様な文化を受け入れる姿勢でコミュニケーションをする必要がある。休日や宗教的価値観などの違いなどもあるため、それらを理解しようとする独自のコミュニケーションスキルが求められるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/エグゼクティブコーチング

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会