スピーチの話し方教室(東京)-聴衆の記憶に残るスピーチをする!

スピーチでは聴衆を引き付ける、飽きさせない工夫を

人前で話すことは誰でも恐怖を感じる。では、緊張をしていてもオーディエンスにインスピレーションを与え、記憶に残るスピーチをするためにはどうしたら良いのか、その方法をキャロル・モーガン氏がライフハックの記事で紹介している。

人の集中力は長く続かないので、気を引きつけるために質問を投げかけたり冗談を言ったりする必要がある。スピーチでそのトピックをなぜ話すのか明確に示して、あなたの知識などを証明すると、より興味を持って話を聞いてもらえるようになるだろう。

また、壇上では動き回ったりジェスチャーをしたりして、視覚的にもオーディエンスを飽きさせない工夫が必要だ。

スピーチのポイントを定め、ストーリーを語るように話す

スピーチをする際にメモを用意してそれをそのまま読んでしまっては、話し方や内容が単調になりオーディエンスが退屈してしまう。

一方で、キーワードやポイントをしっかりと決め、ストーリーを語るように自分の言葉で話すことにとって物語の世界にオーディエンスを引き込むことができる。

またスピーチの終わりに誰もが思いつかない話などをして衝撃を与えることで、オーディエンスがもっとあなたから話が聞きたいと思わせられ、記憶にも残るスピーチとなるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/ワンランク上の話し方教室

■ 話し方コラム提供/スピーチ,プレゼンテーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会