話し方教室東京 コラム-リモートワーカーとのコミュニケーションを改善する!

リモートワーカーに最適なコミュニケーションソフトを選択

ビジネスを継続して行うためには、リモートワーカーとコミュニケーションをとることが欠かせない。しかし、対面コミュニケーションを行う場合と異なり、多くの情報が伝わりづらくなる。そこでサーチ リモウトリィが記事で、リモートワーカーとのコミュニケーションを効率的に行う方法を紹介している。

リモートワーカーにとって最適なコミュニケーション・ソフトウェア導入をすれば、社内にいるときと同じような環境を再現できる。そのためZoomとSlackなど、何が一番良い組み合わせなのかを見つけることが重要だ。

戦略を定め、コミュニケーションの取りすぎに注意

一方でソフトウェア環境が整っても、コミュニケーションをとりすぎることは従業員のやる気を低下させてしまうため、複数のメールを送信したり、電話を何度もかけたりすることは避けるべきだ。

双方の時間の節約にもつながるので、しっかりとコミュニケーション戦略を策定しておくと良い。

画像等を活用してポイントが伝わる話し方を、納期管理はしっかり

メールやビデオ通話でコミュニケーションをとっていると情報が伝わりづらい。そのため、画像やビジュアルなどをうまく活用して重要なポイントが伝わるように工夫することも必要だ。

また、リモートワークをしていると納期などが曖昧になってしまうことがある。それを避けるには、納期を明確に示してしっかりと進捗を確認することが求められる。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方講座・総合案内/ビジネス話し方教室(東京)・目的別 話し方講座 一覧

■ 話し方コラム提供/話し方教室,あがり症克服,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会