話し方教室東京 コラム-製造業など現場でのコミュニケーションで注意すべきこと!

事故の可能性がある現場では、リアルタイムでの円滑な情報伝達が重要になる

イーエイチエス ツデイでは、製造業などの現場におけるコミュニケーションの重要性について指摘し、職場の安全性のために管理者が考慮するべきポイントについてアドバイスしている。

製造業などの現場では、施設の規模や部門の多さ、シフト制による従業員の入れ替わり、機器による騒音などコミュニケーション不足または非効率性を引き起こすリスクがあるため、管理者やリーダーは定期的にコミュニケーションを見直す必要がある。

コミュニケーションの戦略を考える上で抑えておきたいポイントは、「効率性」「安全性」「リアルタイム」「グループコミュニケーション」の4つだ。

特に事故などが起きる可能性がある現場では、安全性を維持するために適度な従業員への関与とリアルタイムでの円滑な情報の伝達がとても重要になってくる。

安全な職場を実現するには、良いコミュニケーションがカギ

そのためには、従業員すべてに作業をしながら緊急事態にも対応できるハンズフリーなヘッドセットの装着、およびコミュニケーション・伝達のリーダーの決定などを行う。

その上で報告、連絡の順序などをルール化した上で訓練を行うとよいとアドバイスしている。

整備までの時間やコストはかかるが、安全で健全な職場を実現するためにはより良いコミュニケーションを提供することが大切だ。従業員の労働生産性の向上につながれば、費用対効果は高まるとしている。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会