話し方教室ニュース「ビジネスの生産性を上げるコツとは?」

時間管理で生産性を上げる

あなたは今、ビジネスにおいて生産性が上がらずに悩んでいないだろうか?このままでは、雇用契約にも影響するのではないだろうかと。ライフハックによると、生産性を左右するのは時間管理の問題であると言う。ルーチンワークを少し変化させるだけで、簡単に生産性は上がっていくとのことだ(2018/09/11)。

生産性を上げるためには時間をコントロールする必要があるが、その中でマルチタスキングは考え直すべきであると言う。電話をしながらメールをチェックするなど、いくつかの仕事を同時にこなしていくことは、上司には好印象かもしれないが、実は生産性には悪影響を及ぼす可能性があるのである。

一つの仕事から別の仕事に焦点を合わせることに慣れすぎると集中力に欠けて生産性が落ちたり、優先順位を決める能力が低下したりするためである。

コミュニケーションで生産性を上げる

そして生産性の低下に最も大きく関係している要因の一つは、スタッフとのコミュニケーションの欠如であると言う。

ビジネスにおいて、目標を達成するためには効果的なフィードバックが必要である。フィードバック対象者のモチベーションを下げないように、タイミングよくフィードバックを行うためには、やはり普段からコミュニケーションを取って相手を理解しないといけない。

特に上司から部下へのフィードバックは、部下の能力アップを促すための教育的、成長的観点が含まれているので、相手を自然と称賛するためにも日常のコミュニケーションが重要なのである。それがビジネスチームを改善し、生産性を上げるという結果につながるのである。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/ビジネスコミュニケーション/話し方教室ニュース・スタッフ委員会