話し方教室東京 コラム-会議・ミーティングでの効果的な話し方!

人が話しているときには、口を開かないこと

ビジネスでは会議・ミーティングに多くの時間を費やすことがある。ただし多くのことが決定したり、効果的な会話ができたりすることは少ない。では、ビジネスミーティングで効果的に話すにはどうしたら良いのか、シャルマース・ブラウン氏が「デュー」の記事で紹介している。

2人以上が同時に話すと、話が聞こえなくなり、ビジネスミーティングの参加者の興奮や緊張が高まるにつれ個別に話し合ったりする傾向にもある。これは非常に非生産的なため、人が話しているときには口を開かないことが大切だ。

会議参加者の集中を持続させる工夫を、重要ポイントは要約して繰り返す

長くなりがちなビジネスミーティングでは、参加者が退屈しやすい。そのため1つの議題に絞って話すのではなく、2つ以上の議題を組み合わせて話すと良いだろう。必要に応じて休憩時間を設けることも、参加者のリフレッシュにつながり、より集中して話したり、聞いたりすることができる。

また、重要なポイントのみ要約して繰り返し話すことで、効果的に物事を伝えることが可能だ。それが自分自身の確認にもなり、重要であることをより記憶に留めておくことにもなる。

■ 記事関連・話し方講座/ワンランク上の話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,ビジネスコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会