話し方教室東京 コラム-企業は優れたコミュニケーション能力を持つ人材を求めている!

ビジネスコミュニケーションは明瞭簡潔に

職場ではコミュニケーション能力は大きな力となる。雇用者は優れたコミュニケーション能力を持つ人材を求めている。そこで職場でのコミュニケーション能力を高め、円滑に進めるための話し方を身につけるにはどうしたら良いのか、アラバマ コオペラティブ エクステンション システムの記事で、いくつかの方法を紹介している。

口頭でのコミュニケーションでは、メッセージが明確で簡潔であることを確認し、声にトーンや言葉使いなどに注意を払って話すと良い。あわせて、顔の表情や姿勢といったボディーランゲージも意識して、相手に何を伝えたいのか意識することが大切だ。

また、略語を使わず、明確で簡潔にメモを書いておくことで、スムーズに話を進められるだろう。

リーダーなら心を開いて相手の話を聞くこと

職場でコミュニケーションをとる際は、心を開いて相手の意見や考えを聞く姿勢にならなければならない。あなたがリーダーならチームメンバー全員の話に耳を傾けるべきだ。

またリーダーは、部下への指示は明確に出す必要があり、「明確な指示を与える練習」もした方がよいだろう。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会