話し方教室コラム-ビジネス交渉戦略で押さえておきたい4つの基本スキル

徹底した事前調査と交渉の枠組み理解を

ケープコッド・ツデイは、ビジネスパーソンが知っておくべきビジネス交渉戦略について、基本となる4つのポイントを掲載している。事前の準備、信頼関係を損なわない姿勢と対話が大切だ。

まず1つ目は、ビジネス交渉の前に必ず徹底的な調査を行うこと。交渉する内容はもちろん、主要な専門用語、交渉している会社やその業界について幅広く知識を身につけ、理解しておくこと。分からないときは素直に説明を求める姿勢も大切だ。

会社のメリット・デメリットや、交渉における自身の立場を理解しておくことも忘れてはならない。自身と相手を十分理解しておくことは、交渉のプロセスを有利に進めるのに役立つ。

2つ目は、対話のポイントをきちんと押さえておくこと。交渉で誰がレバレッジを持っているのか、誰が望んでいるのか、ほかにどのような選択肢があるかなど、広い視野で交渉の骨組みを理解し、コミュニケーションを行う。

交渉を掌握すること、妥協すること

3つ目は、交渉のアンカーとなること。数字や条件などを切り出し交渉のベースを作り出すことで、交渉が進めやすくなる。ただし相手にも基準があるため、自身の望む結果から遠い数字の場合は、明確に伝えることを勧めている。

最後は、妥協点を知ること。交渉前の準備段階で考慮しておくと、交渉時に慌てることはない。それぞれが必要とするもの、またはメリットなど、お互いが譲歩し満足できる結果を考えることだ。

■ 記事関連・話し方講座/営業,セールス専門・話し方教室

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーション教育の名門・日本コミュニケーション学院/交渉,交渉力/話し方コラム・スタッフ委員会