話し方教室東京 コラム-ビジネス・プレゼンテーションを改善するコツ!

プレゼンターは聞き手を理解し、ニーズを把握していること

コミュニケーションスキルは生まれつきのものだと思っている人が多くいるが、実際は優れたコミュニケーターであっても練習を重ねている。

では、どのようにしたらビジネスにおけるプレゼンテーションやコミュニケーションスキルを改善できるのか、その方法を「ユーケー ボディー トーク リミテッド」が記事で紹介している。

優れたコミュニケーターは聞き手(相手)のことを理解しており、彼らが何を求めているのかを把握している。プレゼンテーションの話す内容を準備するときには、聞き手にとって何がどのように役立つのか考え、そこから何が得られるのか考えて話の内容などを作っていくべきだ。

また、聞き手との共通点を見つけ、つながりを深められる内容にすることも忘れてはならない。

スライドを読み上げるプレゼンをやめ、ボディーランゲージに注意する

スライドにある文字を読んでいくと、聞き手は退屈で飽きてしまい、その話への興味を失ってしまう。スライドは視覚的な補助であると認識して、プレゼンテーションに集中することが大切だ。

人は聞いたものよりも見たものを信じるため、話の内容に「自信がある」ことを示していても、ボディーランゲージが「不安だ」と示している場合、聞き手はあなたが「不安だ」ということを読み取ってしまう。

ボディーランゲージに十分注意して、聞き手を混乱させないことが大切である。

■ 記事関連・話し方講座/実戦20分プレゼンテーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,スピーチプレゼンの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室コラム・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
↓登録はこちらから↓