話し方教室東京 コラム-職場でのコミュニケーションのあり方を改善せよ!

上司は部下との1対1のコミュニケーションで信頼関係構築を

職場での良好なコミュニケーション環境は、企業にとって問題を効率的に解決したり、時間と労力の削減などにつながったりするため大きなメリットとなる。では、職場でのコミュニケーションのあり方を変化させるにはどうしたら良いのか、その方法を「ストリートHR」が記事で紹介している。

大企業を経営している場合、全ての従業員と個別にコミュニケーションを取るのは難しい。しかし可能な限り1対1でコミュニケーションを取り、従業員のことを知ることで快適な職場環境の構築につなげられるほか、信頼関係の構築も可能だ。

また、企業のビジネスの目標を共有することで、戦略上の同じページに立っていると従業員に認識させ、チームの一員であると感じさせることができ、双方向のスムーズなコミュニケーションができるようになるだろう。

部下が上司と気軽にコミュニケーションを取れる環境構築を

従業員が上長に意見やアイデアを共有できるチャネルを構築しておくと、会社で自由な発言ができ、アイデアも聞き入れてもらえると思い、士気や生産性の向上につながる。

また、チームビルディング・イベントを企画して、従業員同士がより互いを理解し、それぞれの考えを快適に共有できるようにすることで、職場の効果的なコミュニケーション環境が構築できるだろう。

■ 記事関連・話し方講座/エグゼクティブコーチング

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,リーダーシップコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室コラム・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
↓登録はこちらから↓