話し方教室東京 コラム-優れたコミュニケーターのコミュニケーションスキルを学ぶ!

声のトーンとボディーランゲージに注意を払いコミュニケーションを

お互いが理解しあうのがコミュニケーションである。もし、相手があなたの話を理解できない場合は、あなたの伝え方などに責任があると言える。

そこで、ゲイリージェイ・ジャバーグ氏が「ジャバーグ ウィルク」の記事で、法律事務所の優れたコミュニケーターのコミュニケーションスキルを紹介している。

口頭でのコミュニケーションが相手に物事を多く伝えると思われがちだが、実際には声のトーンとボディーランゲージが相手にさまざまなメッセージを発信している。そのため、使用する単語と声のトーン、ボディーランゲージに一貫性を持たせて話す必要がある。

相手が分かる語彙で、重要なポイントに絞り、しっかり伝える

また、相手が話を聞きやすくするために、馴染みのある語彙を使用すると良い。法律の世界に精通しているのかを確認し、専門的な言葉を使うのかどうかを判断するべきだ。法律に詳しくないクライアントと話す際には、法的用語を定義しより分かりやすくする工夫も必要だろう。

さらに、相手に情報を多く伝えすぎると、それを消化(理解)できずに終わってしまう。1度に全てを説明する必要はなく、毎回重要なポイントだけをしっかり伝えるようにすると良い。

相手が理解できているのかを確認することも大事だ。そのためには、あなたが話したあとの相手の返答に注意深く耳を傾けることが重要だ。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方教室コラム・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
↓登録はこちらから↓