話し方教室ニュース「ビジネス・スピーチを上達させるポイントとは?」

ビジネス・スピーチの構成作業

ベスト・テッキーでは、聴衆を魅了するビジネススピーチの作り方ついてポイントをまとめている。スピーチする前の作業では、組み立て作業は重要だ。

簡潔に伝えたい内容を強調することで、説得力が生まれる。アカデミー賞の授賞式では、ステージに上がるまでは受賞者も聴衆だ。同じようなプレゼンテーションが繰り返されているため、単調なスピーチは印象が薄くなる。伝えたいことを定義し、できるだけ簡潔かつ明確に主張することだという(2018/10/01)。

原稿を見ずに、物語を語るようにスピーチする

作文やメモを読みあげるだけでは聴衆は飽きてしまい、良いプレゼンターとはいない。アイデアをまとめて紙に書き、体系だった処理をすれば、話したい内容を思いだし自然に表現できるだろう。

また、ストーリーテリングは、聴衆が話の内容を想像しながら聞くことができるため、効果的な手法だ。

聴衆を知ることで説得力を生み出せる

誰がスピーチを聞くのか、聴衆を知ることも大切。スティーブ・ジョブズが初めてiPhoneを紹介したときのスピーチは、聴衆が期待していたものを適応させ、説得力を生み出した良い例だと述べている。

スピーチを組み立てることが苦手な場合は、効果的に伝えることを意識することだ。またスピーチ・ライティングの専門家に内容構成を任せることも一つの方法だ。

話し方教室の名門・日本コミュニケーション学院東京/スピーチ,パブリックスピーキング/話し方教室ニュース・スタッフ委員会