話し方教室東京 コラム-コーチングで将来の可能性を広げよ!

コーチングの重要性

「ハピフル」では、コーチングにより自信が高まり、現状改善に向けた目標が設定でき、真の可能性が開けると説明している。

コーチングの目的は、コーチの協力のもと、クライアントが特定分野あるいは複数分野において成長することである。

コーチングプロセスを通じて、コーチとクライエントは円滑なコミュニケーションを図りながら信頼関係を構築し、クライアントに対して前向きな変化、新たなスキルの取得、達成可能な目標設定などを促す。

コーチとクライアントのコーチングコミュニケーションが変革をもたらす

コーチは、質問力、傾聴力、観察力、内省力が求められる。コーチから投げ掛けられる質問により、クライエントは自己理解を深め、強みや弱みを発見できる。そして、クライエントの課題や問題を解決するために目標を設定し、目標達成に向けてプロセスを進める。

コーチングは、クライアントに自分自身の考えやアイデア、信念や信条を探求して挑戦する意欲をもたらす。そして、コーチと共に問題解決や目標達成に取り組むことにより、クライアント自身の方向性が明確になり、将来の可能性が広がる。

また、クライアントの自信、自己肯定感や自尊心、レジリエンス(回復力)は高まり、モチベーションが上がりやすくなり、それに伴って責任感も生まれるという。

■ 記事関連・話し方講座/エグゼクティブ・コーチング

■ 話し方コラム提供/©話し方教室,コーチングコミュニケーションの名門・日本コミュニケーション学院(東京)/話し方コラム・スタッフ委員会

●日本コミュニケーション学院のLINEができました!
LINE登録者限定で、自分に最適の講座が分かる!【話し方診断】実施中です。
↓登録はこちらから↓