話し方教室東京 コラム-リモートワークのコミュニケーション疲れ・ストレスを軽減する方法!

リモートワークの仮想コミュニケーションが負担に

タイムズ・オブ・インディアでは、リモートワークが増加する中、従業員のコミュニケーションに対する疲労を軽減する方法について紹介している。コミュニケーションのプレッシャーやストレスに着目する必要があるとしている。

通勤や勤務時間にとらわれないリモートワークが増え、従業員にとってはメリットである一方、ビデオ会議、メール、チャットなど、仮想コミュニケーションが負担となっている。

いわゆる「コミュニケーション疲れ」が発生しており、対面とは異なるコミュニケーションでは、できるだけ簡潔に済ませることがストレスの軽減につながるという。

コミュニケーションは簡潔に、労働時間管理をきっちりと行う

コミュニケーション疲れを軽減するためには、コミュニケーションは簡潔で要点のみ、そして時間を減らすことが望ましい。
そのためには、労働日数、労働時間の時間管理をきちんと行うこと。1日のスケジュールに「休憩時間」を必ず設け、リフレッシュすることを心がける。

連続して会議がある場合、設定した枠で必要な報告を行う。ここでは「調子はどう」「みんなはどうやっているの」などのようなおしゃべりは避ける。

プレゼンテーションを行っていないときは、カメラ機能をオフにするのもよい。こまめな連絡が必要な場合は、ワークグループのみでチャットなど戦略を設ける。

■ 記事関連・話し方講座/管理職専門・話し方教室

話し方講座・コース 総合案内/一覧

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/コミュニケーション疲労/話し方コラム・スタッフ委員会 提供