話し方教室東京 コラム-いつでも効果的なコミュニケーションを取るためには練習が必要!

練習しておけば緊張やストレスを感じる場面でもうまくコミュニケーションが取れる

優れたコミュニケーションスキルを持っている人であっても、様々なプレッシャーを感じていることが多い。しかし練習を重ねておけば、そのプレッシャーの中でも効率的なコミュニケーションがとれるようになる。では、その方法はどういったものなのか、カルロス・ストロー氏がイエスヘルスの記事で紹介している。

いくらコミュニケーションスキルの高い人でも緊張したり、ストレスを感じたりすることがある。しかしそんな人は、そういった気持ちを表にださず、相手に気付かれないようにすることができる。

また、気持ちを落ち着けてプレッシャーを和らげるために深呼吸しておくことも重要だ。

緊張している時は、無駄に手を動かさない、大きな声で話すことを意識する

緊張している時に鼻を掻いたり、髪の毛をいじったりする癖のある人は、落ち着いて手を動かさないように意識することが大切だ。相手に緊張していることを悟られないようにできるほか、マナーの観点からも必要なことだと言える。

また、緊張をしているときは、はっきりと発声することが難しくなる。可能な限り急がず、はっきりと大声で話すと良いだろう。

■ 記事関連・話し方講座/仕事に必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

話し方講座・コース 総合案内/一覧

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/コミュニケーションスキル/話し方コラム・スタッフ委員会 提供