話し方教室東京 コラム-言語障害のある人とうまくコミュニケーションをとる方法

話を聞きたいという姿勢を示し、辛抱強く聞くことが大事

新型コロナウイルスによって精神的・社会的・身体的・経済的に影響があることは間違いない。コミュニケーションがうまくできない場合の影響を今回の事態で多くの人が分かったはずだ。

みんなが思う以上にコミュニケーション障害のある人がおり、もしかしてあなた自身にも当てはまるのかもしれない。

ではいかにして言語障害のある人とうまくコミュニケーションをとっていくのか、その方法をレスポンドスピーチセラピーが記事で紹介している。

まずは、あなたが話を聞きたいという姿勢を示し、辛抱強く話に耳を傾けるべきだ。相手にしっかりと時間を与えること、そしてそれを示すことでよりスムーズなコミュニケーションができるようになる。

お互いがメッセージを伝えあえるコミュニケーション手段を選択すること

コミュニケーションはメッセージを伝えることであり、紙に書いたり、ジェスチャーで物事を表現したりしても問題はない。何が1番効果的なのかを考えて実行に移すことが大切だ。

また、コミュニケーションに関して問題を抱えている人にサポートを求めるべきだ。彼らがどのようなコミュニケーションをとっているのかを聞き、それを試してみると良いだろう。

■ 記事関連・話し方講座/仕事で必須の2大コミュニケーション能力開発・話し方教室

話し方講座・コース 総合案内/一覧

■ 話し方教室,あがり症克服,コミュニケーションスキル教育の名門・日本コミュニケーション学院(東京)/コミュニケーションスキル/話し方コラム・スタッフ委員会 提供